開発部 鈴木 祐美

ホーム採用情報働く人を知る開発部 鈴木 祐美

今持っている力も 未来の可能性も 引き出してくれる職場です

mainimg_interview06_01.jpg

開発部
システムエンジニア

鈴木 祐美

2019年 新卒入社

故郷・鳥取で自分の力を生かせる仕事がしたくて

 私は、幼い頃から暮らしてきたこの鳥取が大好きなので、地元就職を目指して就活を始めました。工学部で情報分野を専攻していたことから、大学で学んだ知識を生かせる会社を探したところ、この会社に出会いました。そして、会社説明会で先輩社員との座談会が催されたのですが、社員同士の仲が良く、「こんな良い雰囲気で仕事ができる職場なんだな」と感じたことから「TIC」で働きたいと思い、志望しました。

 私が所属する開発部は、グループウェアをはじめとした、自治体や学校、企業で利用される様々なシステムの開発を行う部署です。部内は男性の方が多いですが、同世代の割合が高いので過ごしやすいです。

 会社の福利厚生制度も充実していて、フルーツ狩りやバーベキューなど社員同士が親睦を図るレクリエーションも盛んに行われています。ボウリング大会に参加した時には、順位ごとに賞品があり、とても盛り上がり楽しい時間を過ごしました!

新入社員への指導・サポート体制が充実しています

pic_interview06_01.jpg

 仕事では、大学で学んだ知識を生かせている部分もありますが、入社して初めて知るようなこともたくさんありました。約3カ月間の新入社員研修では、システム開発のことはもちろん、ネットワークやセキュリティなど、ITの基礎知識を幅広く学びました。

 OJTの期間には、開発部が携わる業務内容について先輩から具体的に教えてもらったり、実際の業務を担当しながらさらに知識を深めていきました。丁寧な指導により、大きくつまずくことなく仕事に慣れることができたように思います。

 開発部では、システムごとに3~5人のチームを組んで業務を進めていますが、チーム内で話し合いながら実装する場合もあれば、1人で黙々と作業をするときもあります。考えが煮詰まってきたら、少し休憩したり別の作業を挟んだりしてリフレッシュしています。そうすることで、頭の中が整理されて、また良いアイデアが浮かんできます。チームみんなで力を合わせて作り上げたシステムを無事お客様に納品できたときは、とてもうれしいです。

1年間の成長を実感しつつ、次なるステップへ

pic_interview06_02.jpg

 業務知識がついてきたことを実感したとき、少し成長できたかなと思います。配属されたばかりの頃に作成したプログラムを改めて見直してみると、「ここはもっとコードを短くできる」などと気付けるようになってきました。

 お客様との打ち合わせでは議事録を担当することが多いですが、自分が主担当となったときの為に、上司や先輩のやり方を見て勉強しているところです。苦手な部分は経験を積みながら、少しずつ克服していきたいです。

 入社2年目となり、開発部に配属された新入社員たちの指導を担当しています。業務を行う上での心構えやプログラミング言語の基礎など、これまで先輩から教わったことを今は私が後輩たちに伝えています。分かりやすく説明できているかどうか不安もあるのですが、こうした機会はスキルアップのチャンスだと捉え、意欲的に取り組んでいます。

一日のスケジュール

8:30 出社、朝礼
8:45 開発設計
11:00 システム開発進捗会議
12:00 昼食
13:00 協議資料の確認
14:00 お客様とシステム開発要件定義
16:00 議事録の作成
17:30 退社
19:00 夕食
20:00 趣味
23:30 就寝

2020年12月掲載

CONTACT

ご相談は下記まで、お気軽にお問い合せ下さい。 お問い合せ・資料請求はこちらから

本社(総務部) TEL:0857-27-5070 [ 受付時間:平日9:00〜17:00 ]

TOP